ツー

日常の記録

Kusunoki Tomori Birthday Live 2021『Reunion of Sparks』 東京公演

この才能が22歳になりたてってマジ??

f:id:celeron1ghz:20211225174307j:plain ペンライト禁止なので、いつもの色とりどりの光が見えないのも面白い

イベント概要

  • Kusunoki Tomori Birthday Live 2021『Reunion of Sparks』
  • 2021年12月22日(水) 18:30~
  • 現地チケット \6,500-
  • 豊洲PIT

オタクとしての感想

久しぶりの現地のみで配信がないイベント。ニジガクのライブでは見ているものの、ソロ活動のライブは初めて参加した。

まずペンライト系の光る物を持ち込み禁止というところから驚いた。ライブを経た後だとわかるが、これは舞台装置としてのオタクはいらんのだな、と言う感じ。私が発するメッセージを受け取ってくれ、と言うことがブレードをが不要と言うことに結びついている感じがするし、相応にメッセージ性は強い。

それを証明するかのように、演出のライティングがとにかくキレッキレである。基本はバンドメンバーを含めてスポットライトを基本としつつも、青や赤のライトがカットインみたいにピンポイントでスパっと入るので、この曲でどう言う心情を表したいかと言うのがすごくよくわかってすごい。

セトリも、セクションごとに動と静がぴっちりキレイに別れていて見事としか言えない。

こんなに才能があって最高のライブをする人であるのに、コロナの最中は自分を必要とされているのか思い悩んだとの話で、このイベントに限らずコロナほんとお前という感じである。

総じて、女性声優のソロ活動ではあるものの、全くもってそのような感じがせず普通にアーティストである。タイトルから歌唱中の所作、セトリ等々、全てのものに対して気が配られていると言う感じがする。エモがドッカンと爆発するタイプのライブではないが、良い芸術品を見た時のような、上質ないい気分になると言う感じになるライブだった。よいものを見させてもらった。

印象に残ったもの

書くことねぇな。

印象に残ったことがないわけではないが、EPのPVを見ているという感じで秒で過ぎていったという感じ。曲を聴いたら光景を思い出すよ。

ただ、グッズ紹介コーナーでゲラってたのを見た時、いつものともりじゃん!!ってなって若干安心した。

セットリスト

  • (衣装 白ワンピ)
    • アカトキ
    • ハミダシモノ
    • MC
    • 眺めの空
    • よりみち
    • sketchbook
    • MC
    • カバー:未来 / 星野源
    • カバー:くちなしの言葉 / みゆな
    • MC
    • Forced Shutdown
    • ロマンロン
    • 熾火
    • バニラ
  • (アンコール:ライブグッズのトレーナー)
    • タルヒ
    • 僕の見る世界、君の見る世界

リンク